Mathematical Information Group

情報数理

ビッグデータ分析や数理最適化などの技術を駆使し、電気事業の他分野における課題に取り組んでいます。たとえばガス分析データによる流通設備の状態・余寿命評価技術、短期需要・PV出力などの予測技術の開発研究も行っています。

  • 電力用変圧器の内部不具合様相診断技術

各種電力設備の保守・点検時に収集したデータから、異常予兆の発見や不具合診断を行う技術の開発に取り組んでいます。電力用変圧器中の油に含まれる9種類のガスの成分分析に基づき、変圧器の不具合の有無や原因(様相)を高精度に判定する手法の開発を進めています。

研究者のご紹介