研究員の紹介

小松 秀徳
小松 秀徳
情報数理グループ 主任研究員
東京都出身・東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻(博士)
[研究分野] データ分析、省エネ、進化学、ナッジ
[所属学会] 行動経済学会、日本進化学会
Nudge × Evolution

人間の直感と選択・行動のつながりを探求

ナッジ(肘でつつくようにさりげなく促す)を使って省エネ行動につなげる研究など、“進化”をキーワードに、人間の行動や直感の部分に着目したデータ分析などをしている。人間の直感が選択・行動にどうつながっているのか、共通的な理論を見出すことを目標としている。

contribution to business transformation of electric power business

電気事業のビジネス変革への貢献に向けた電中研のIoT研究

電気事業へのAI技術の適用(PDFファイル:約430KB)

 
Research Report

研究報告書

Media coverage

メディア掲載情報