研究員の紹介

堤 富⼠雄
堤 富⼠雄
副所長 研究参事 博士(工学) 
佐賀県出身・九州大学工学研究科情報工学専攻(修士課程)
[研究分野] IoT、AI、クラウドロボティクス
[所属学会] 電気学会、人工知能学会、情報処理学会
User Experience × Collaboration

I o T プロジェクト

約40名が参加するIoTプロジェクトを取りまとめている堤。「これまで我々は研究の領域で活動してきましたが、IoTは様々な要素が組み合わさってこそ初めて価値を生むもの。そのために、現在25社ほどの企業と連携して、ソリューション思考でプロジェクトを進めています」。仕事は「失敗してもいい、楽しくやろう」がモットー。

Media & Publications

メディア情報&刊行物

電気事業のビジネス変革への貢献に向けた電中研のIoT研究
電気事業におけるデジタルトランスフォーメーションの可能性と電中研の取り組み(PDFファイル:約820KB)

電気新聞ゼミナール連載178回(2019年3月27日掲載)
電力デジタルトランスフォーメーションはAPIエコノミーの夢を見るか?

RESEARCH REPORT

研究報告書