研究員の紹介

山田 智之
山田 智之
需要デザイングループ 主任研究員
福岡県出身・東京大学大学院工学系研究科電気系工学専攻(修士課程)
[研究分野] 再生可能エネルギー、エネルギーシステム
[所属学会] 電気学会
Simulation x Energy System

有象無象の中に見出だす新しい解

大学では、予測しづらい非線形な事象を数理的に解析する研究に取り組む。この分野の研究は、説得力ある仮説を見出せるかが鍵である。入所後、変貌するエネルギービジネスに関心を持ち、VPP(Virtual Power Plant 仮想発電所)など新たな事業モデルの探索や、エネルギーシステムの長期的変化を試算する。予測しづらい業界の将来をあれこれ考えるだけでも楽しい。

エネルギー関連産業の動向を報道する『電気新聞』の連載企画「ゼミナール」

電気新聞ゼミナール

電気新聞 ゼミナール
AWARDS

受賞歴

  • エネルギー・資源学会 第8回茅賞
    「欧米のアンシラリーサービス供給における需要側資源の活用動向調査−関連制度とリソース実例−」
  • 電気学会 平成31年電気学会全国大会優秀論文発表賞
    「米国のアンシラリーサービス市場における需要側リソース活用のためのメーター要件と応動評価の制度調査」
LIST OF PAPERS

論文リスト

  • 山田智之, 坂東茂「欧米のアンシラリーサービス供給における需要側資源の活用動向調査 -関連制度とリソース実例-」, エネルギー・資源学会論文誌,  41巻, 5号 , pp.219-225, (2020).

RESEARCH REPORT

研究報告書