研究員の紹介

服部 俊一
服部 俊一
IoTグループ 主任研究員 博士(工学)
埼玉県出身・首都大学東京大学院システムデザイン研究科情報通信システム学域 (博士後期)
[研究分野] IoT、センサー、情報処理
[所属学会] 電気学会
Data mining × User behavior analysis

電気利用から家庭内の行動パターンを想定

スマートメータやセンサで家庭内のデータを収集し、在/不在判定や生活パターンのモデリング技術を開発。高齢者や子供の見守りだけでなく、各家庭に合わせた情報提供などのサービスにつなげる。常に“分野の先端”に目をむけて研究し、新たな着眼点を見出していくことを心がけている。

Nudge

環境省実証事業「ナッジ」

家電と自動車の利用者に対しナッジによって省エネ行動を促す大規模社会実証

contribution to business transformation of electric power business

電気事業のビジネス変革への貢献に向けた電中研のIoT研究

電気事業へのAI技術の適用(PDFファイル:約430KB)

Research Report

研究報告書