研究員の紹介

永田 豊
永田 豊
需要デザイングループリーダー 副研究参事 
大阪府出身・東京工業大学大学院総合理工学研究科エネルギー科学専攻(修士)
[研究分野] 経済政策、IoT、需要家、省エネ
[所属学会] エネルギー・資源学会、環境経済・政策学会、International Association for Energy Economics
Demand × Design

需要デザイン研究のリーダー

90年代は2010年の日本のエネルギー展望を作るための経済数理モデルを作るチームに所属し、エネルギーバランス予測などを行った。現在、需要側の電気の使い方を変えてもらう“需要デザイン”を目的とした研究グループのリーダーとして、経済政策・配電・需要家・IoTなどのあらゆる分野との連係を進めている。

Nudge

環境省実証事業「ナッジ」

家電と自動車の利用者に対しナッジによって省エネ行動を促す大規模社会実証

Research Report

研究報告書