研究員の紹介

向井 登志広
向井 登志広
需要デザイングループ 主任研究員
長崎県出身・東京工業大学理工学研究科(博士課程)
[研究分野] ナッジ、省エネ
[所属学会] エネルギー・資源学会、日本建築学会、環境経済・政策学会
Energy saving × Behavior change

人間の行動変容が省エネ継続の鍵

省エネを行動変容のアプローチで研究。エネルギー使用の見える化を見る側の人間の行動パターンから情報をきれいに作り込み、短期~3 年のスパンで省エネ行動の継続性にどう影響するかを検証。気候変動や電力システムの効率化に伴う変化に、使う側に無理なく、電気を作る側も効率的に対応できることが目標。

Nudge

環境省実証事業「ナッジ」

家電と自動車の利用者に対しナッジによって省エネ行動を促す大規模社会実証

Research Report

研究報告書