研究員の紹介

高橋 雅仁
高橋 雅仁
需要デザイングループ 上席研究員
山形県出身・東京大学工学系研究科電気系工学専攻(博士課程)
[研究分野] 経済性、電力需要、技術評価、デマンドレスポンス
[所属学会] 電気学会、エネルギー・資源学会
Economical × Technology Assessment × Power Demand

全体最適で実現可能性の高いシステムに

VPP(Virtual Power Plant)の効果や今後の普及可能性を研究する。特にデマンドレスポンスなど需要サイドの機器による需給調整を可能とする施策の実現可能性や効果を、経済性と技術可能性の両面で評価することを得意とする。

Research Report

研究報告書