研究員の紹介

岩松 俊哉
岩松 俊哉
職住環境マネジメントグループ 主任研究員 博士(環境情報学)
東京都出身・東京都市大学 博士(環境情報学)
[研究分野] 業務用電化厨房、省エネ、ナッジ
[所属学会] 日本建築学会、空気調和・衛生工学会、日本赤外線学会
electrification × energy saving

実験から分析まで守備範囲を広く

エアコンや放射冷暖房を使ったときのオフィスや住宅の温熱環境実測やシミュレーションから、業務用電化厨房の必要換気量の研究まで手広く手がける。電化厨房の換気設計指針の作成にも貢献。昨今では、HEMSデータを使って居住者に無理なく省エネ行動を起こさせる“ナッジ”の効果検証も行っている。

Nudge

環境省実証事業「ナッジ」

家電と自動車の利用者に対しナッジによって省エネ行動を促す大規模社会実証

Research Report

研究報告書

Award

受賞・表彰

  • 第56回 空気調和・衛生工学会学会賞「 論文賞 学術論文部門」受賞
    論文テーマ『業務用電化厨房の排気フード捕集性能に及ぼす排気フードの張り出し長さの影響に関する実験研究』