山田 智之、田所 兼、溝口 智幸が電気学会全国大会優秀論文発表賞を受賞しました

山田 智之 主任研究員(カスタマーサービスユニット 需要デザイングループ) 、田所 兼 主任研究員(配電システムユニット 解析フロンティアグループ)、溝口 智幸 主任研究員 (配電システムユニット 解析フロンティアグループ) が 一般社団法人日本電気学会「平成31年電気学会全国大会優秀論文発表賞」を受賞しました。

受賞論文

  • 山田 智之
    「米国のアンシラリーサービス市場における需要側リソース活用のためのメーター要件と応動評価の制度調査」
  • 田所 兼
    「 コンデンサ‐線路共振方式による配電線路の地絡点標定 」
  • 溝口 智幸
    「 配電用避雷装置における雷被害実態の一検討 」

田所 兼 主任研究員のページはこちらから

田所 兼
最近の投稿
過去の投稿
メーター監視ソリューション