大谷 哲夫、岡田 有功、渡邊 勇が第75回電気学術振興賞 論文賞を受賞しました

 大谷 哲夫 副研究参事(配電システムユニット ネットワークグループ)、岡田 有功 上席研究員(配電システムユニット 電力品質グループ)、渡邊 勇 上席研究員が一般社団法人電気学会「第75回電気学術振興賞 論文賞を受賞しました。

  • 大谷による「初期設定作業を省力化した変電所設備保全センサネットワーク」
  • 岡田による「ステップ注入付周波数フィードバック方式に起因する無効電力振動の継続条件
  • 渡邊による「電力系統状態推定における不正データ注入攻撃に対するロバストなメータ配置

電気学術振興賞 論文賞 
この賞は、電気学会論文誌および共通英文論文誌に発表された優秀な論文に贈られる
ものです。

大谷 哲夫 副研究参事の紹介ページはこちら

大谷 哲夫

岡田 有功 上席研究員の紹介ページはこちら

岡田 有功
最近の投稿
過去の投稿